森重 樹一

“毎日日テレの『スッキリ!』を観ています。ニュースの独自取材や情報コーナーもとても興味深いですが、音楽のゲストがすごく幅広くておもしろいです。外国の大物ミュージシャンから懐かしい人たちやまだ無名だけど、おもしろいことをやっている演奏家たちなど、いつも目が釘付けになります。先日はロックバンドZIGGYのボーカル、森重樹一が出演して名曲「グロリア」を歌いました。自分も学生時代にバンドをやっていて、ZIGGYのグロリアをコピーして学園祭で演奏したりした懐かしい思い出がありますが、社会にでてからは音楽は聴くだけで、それもそんなにいつもでもなく、新しいものを探して熱くなって聴いたりするようなことがすっかりなくなっている毎日でした。
4人組だったZIGGYがふたり脱退して・・・というあたりまでは知っていましたが、その後はあまり名前もきかなくなっていました。残った森重とベースの人(お名前失念)でしばらく活動していたが、ベースも抜けて、実際いまは森重ひとりだそうですが、バンドをはじめた初心のころからつづく、森重が曲をつくり、歌うスタイルをZIGGYとよぶというかたちにこだわって、ひとりでもZIGGYと名乗るとのことでした。もう50代にはいったという森重ですが、老けこんだ感じがぜんぜんしませんし、パフォーマンスのかっこよさは全然かわっていませんでした。いろいろなことがあって大変だったようですが、こだわりつづけて音楽をやり続けている姿に感動しました。是非ライブに行ってみたいです。”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です