もしもあるならば

“もしこうならばというよな素朴な問いかけがネットなどには時々あります。
この秋ならば何をしたいですかなどという季節ごとのアンケートなど、9月や10月ころの行楽シーズンならば運動でもレジャーでも書き込むことにこと欠かないというものだ。

簡単アンケート見ながらレジャー、そういうのはこの秋にはできそうにないなと思ったりしながらネット画面を切り替え。
別のサイトでは「もし百万円あるならどのようにしますか」という文でクレッションマークになっていた。
簡単で素朴な質問だけれど、実際こういうまとまった金額を手にするなんていうのは妄想にちかくて、一般的にはほとんどあり得ない話でもありますね。

一攫千金を夢見て宝くじでも数千円買ってみたところで、一回や二回、数十回買ってみても手にできないのかも。
地道に働いて稼いで手にできるものなんだって、こういうところで人生訓みたいな小さなことを学ぶんですね。
もしあればどうすると考えてみてもお金は貴重なものだからいっぺんには使うものではない、必要分だけの買い物して蓄えにするでしょうね。
きちんと暮らしての蓄えだからこそ価値があるんだし、そうして作った時間や方法のプロセスの知恵がどこかで活かせるはずでもあるから。”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です