SF小説届くの待ちながらその面白さ考える

“昨日Amazonで中古の本を2冊注文したのですが、 出品者からの連絡がどちらも来ません。
まだ1日しか経っていないので慌てるのはおかしいのでしょうか、いつもはすぐに連絡が来るので少し心配です。

その注文した2冊はどちらもSF小説です。
前に図書館で読んだ「時間封鎖」という作品が面白く、その図書館になかった続編の「無限記憶」と「連環宇宙」を自分で買って読んでSFにはまりました。
それで今回注文した内の1冊は「時間封鎖」の作者の過去の作品で、もう1冊は設定が凄く面白そうでどんな結末を迎えるのか楽しみでならない作品です。
早く届かないものかと待ち遠しくてなりません。

SFは何で面白いのでしょうか。
やはり基本的に未来の話しなので、現実の現代と地続き感があるせいなのではないかと思います。
人類は古代からこれから先どうなるのかと盛んに想像を膨らませてきました。
もしかしたら「未来」という概念こそ人類最大のコンテンツなのかもしれません。

「過去」「起源」も巨大なコンテンツでしょうが、それは科学の発展とともにより固定化されていくものでしょう。
それに反して未来は科学によってさらに想像を膨らまされて行くからSFは面白いのではないか、などとふと思いました。
これからもっとSF作品を読んでそこら辺を考えていくことにします。”

飛行機代大して変わらないのでシンガポールへ

“私は最近パスポート申請の手続きをし、もうどこでもいいから早く初めての海外旅行をしたくてうずうずしています。
昨夜は色んな外国と日本の飛行機の往復代金を見比べていたのですが、韓国が私が見た限り一番安かったものの他と大きく差があったわけではありません。
それなら当初から行きたいと思っていたシンガポールを目指そうかと思いました。

私はこれから海外を行き来するのが当たり前の人間になり、一軒家を持つなら日本はありえなくて海外だなと思っています。
そして世界中の金融資産や土地を自由に売買できる人間になり、日本を始めとした国家というものの浮き沈みにとらわれないようになるのが夢です。

そのためにとりあえず世界中の都市を行き来できるようになりたいと思っているのですが、その中で一番注目しているのはシンガポールなのでした。
小さな都市国家が生き残りのために常に切磋琢磨して世界一を目指し様々な要素を取り込んで行っています。
そういうところに魅力を感じているのでした。

飛行機代はそんな大したことはないのですが、そこは物価が高いそうなので大した贅沢はできません。
ですが、私は世界一の空港と評されるチャンギ空港を体験できただけできっと満足できると思います。
なので物価がどうであれそこに行くことにしました。”

新たな録画のために他の番組を消した

“今日の夜に放送される「ドキュメンタリーWAVE」の録画をセットしました。
今回は中国の食の問題で、数年前は毒餃子やダンボール肉まんなどがメディアを騒がせましたが、最近はそういう話題は聞かないので今どうなっているのか楽しみにしています。

そして、それをセットした時に容量が不足していると表示されたので、今まで録画していたものを消去しました。
それは最近私の地元で最終回を迎えたアニメ版「HUNTER×HUNTER」にここ最近放送された「ドキュメンタリーWAVE」、そして6月に放送されたアニメ版「物語シリーズ」の「キャラクターコメンタリー」です。

「HUNTER×HUNTER」はもう3年も視聴していたものなので感慨深いです。
「ドキュメンタリーWAVE」も移民や愛国心などを考えさせられて多大な刺激を受けました。
「キャラクターコメンタリー」もこんなアニメの楽しみ方があるものかと感心させられたのは良い思い出です。
どれも消すのはもったいなく感じたのですが、残しておいても視聴しないので消してすっきりしました。

私が録画していたのはこれだけなのですが、他に有ったのは妹がファンである嵐の番組です。
とてもいっぱい有ったので妹が帰ってきたらちゃんと整理するよう言うことにしました。”

とにかくいろんな木の実を使って

“お酒も飲まないのにおつまみの好きな私は自分でも購入して楽しみますが、
友人も私が好きな事を知っているので、ナッツ色々ミックスをお土産にくれたりもします。
森の生き物ではあるまいし、と笑った知人もいますが、私は学生の時、木を彫ってインテリアを
つくるのに、木の実をモチーフにした壁かけを作り、それを今の今まで保存して、知人に見せた
ところ、そう言われたのです。
いえいえ、クリスマス近くなると、笑ってもいられません。木の実を使ったリースなど当たり前のようにつくられ飾られています。ナッツ類は毎日、少しずつでも食べなさいと言われますし、
私も何だか、木の実を見ていると元気が出るのです。
人間は自然と共に生活する生き物です。疲れたら、自然の中に身を置いて、新鮮な空気を吸い、
緑に目を遊ばせ、しばし、鳥のさえずりに耳を傾ける、私だけではなく、多くの人がやっていることです。さあ、今日もナッツを食べて、木の実のモチーフで作品作りを始めます。
クリスマスに限らず植物の好きな人、デザインの好きな人は、年中でも自分用に、プレゼント用に
リースを作ります。
私もそのために松ぼっくりにも着色をしていますし、作りものではあっても木の実を集めています。
自然の色を楽しみながら、心もあたたかです。”